60才これから

息子と娘は独立して夫と二人暮らし。

甲状腺に腫瘍

去年の暮れ、ひどいめまいと吐き気がして耳鼻科に行ったら、ドクターが

いきなり私ののどを指で押した。痛い!と言うと、

甲状腺に腫瘍がある。って。

びっくり。そんなこと言われたの初めて。それから今年の2月。甲状腺専門の病院へ。 

エコー検査で左右に一つづつ腫瘍があることがわかった。

針で刺して細胞検査。形からすると怪しかったけど悪い細胞は見つからなかった。今後、半年ごとに継続検査が続く。

びっくり、ドキドキしたけど60才。いつ、何があってもおかしくないな~とつくづく思う。

人が、風邪を引いたと言うだけで風邪を引いちゃうくらい人に影響されやすいHSP気質の私。

まわりの人にどう思われるかばかり気にして過ごしてきた人生だった気がする。

残りの人生、いつまでかわかないけど。

これからは、どうすれば自分が安らかな気持ちで過ごせるか、どうすれば楽しく過ごせるか、自分の心の声を大切にしながら生きて行きたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。